会社員minaのうつ病克服と自立への道

30代女性、会社員。バリバリと働いていたある日、急に出社ができなくなりました。休養の日々の中で克服を目指しながら自立を考えるブログです。

のんびりな1日&会社のこと

スポンサードリンク

ここ数日、毎日何かしらの用で結構外出していたので、今日はのんびり過ごそうと心に決めてゆっくりしました。

 

会社との面談の前の日は、緊張して体調が少し悪くなったりしていたのですが、面談が終わるとスッキリと眠れるようになりました。

 

今日は目覚めてから、家の周りをぐるっと歩いた以外は家にいました。

午前は勉強したり、CDをパソコンに取り込んだり。午後は久しぶりに昼寝をしました。

そしてしばらく続いていた家の大掃除も大体終わり、片付いてきて気持ちが良いです。部屋が広くなりました。

 

FXの勉強も少しずつ…デモトレードをしたり、本を読んでいるのですが、すっごく難しい。チャートがどう動くかの分析ができるようになりたいです。継続的に分析しつづけるには結構時間がかかりそうだな…と思っています。

FXって手軽なイメージがあったけど、売買は手軽だけど結局は勉強が大切だなーと実感しているこの頃です。

 

 

***

会社のこと。

 

在籍していた時は売り上げをあげるチームでガシガシと働いていたのですが、うつ病になったら会社から言われるのは「無理するな」の1点張りになりました。

 

無理をしてまた悪くなったら会社も困る、私自身も困るので、言いたいことはわかります。私も部下の体調が悪いときは、まず休むことを優先してほしかったし、無理してまで働いてほしくないと思ってたので…。

 

しかし今度はそう思われる側になると、

「認めてもらえるチャンスが減る」し、

「戦力外となると待遇も扱いも変わるのかなあ…」と不安になるし、

「会社員って、使い捨てなのかな…」とかみしめることになりました。

期待されないのって結構悲しい。あんなに頑張ってたのにな…

 

そして私、会社に認めてほしかったんだなーと今更気が付きます。頑張りを認めてもらい、待遇をあげてほしい…と執着していたのかも。

今少し時間をおいて、休んでいて思うのは「それがすべてじゃないな」ってこと。

自分で自分に自信がなかったから、誰かに認めてほしかったのかもしれない。少しずつ自分を大切にして、会社に認められることを全てにしない方が良いなと気が付きました。

 

結局、自分で自分を大切にして好きになることや認めることって

仕事を頑張るより、かなり重要なんだなって思います。

そこは気が付けてよかったなあ…

 

一方、こうなった時に変わらず優しい人もいて、そういう人を大切にしていきたいなとも思いました。仕事云々関係なく、会っては楽しく話せる人。

こういう人間に私もなりたい。

 

働きだして、仕事に執着しはじめるときが来たら、

この内容を読み返そうかなとおもいます^^

 

:::::

ランキング参加はじめました。
よろしければ、お手数ですがポチっとクリックご協力お願いします。


人気ブログランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする